Funiっとずぼラボ

ずぼらライフを謳歌するアラサーOLが気になったグルメ、美容情報をお届けします!

アラサー女子がどうしてもいいたい、結婚・出産についての質問は慎重に願います。

f:id:myfunifuni:20180919133145j:plain

 

お題「どうしても言いたい!」

 

こんにちは。アラサー独身、スローライフを夢見るふうちゃんです。

 

最近そろそろ勘弁してほしい、結婚と出産の質問を受けることについて、私個人的な意見と経験とともにつづってみようと思います。 

 

 

アラサー女性に待っている儀式

 

結婚と出産「しないの?」責め

 

多くの女性は30歳を過ぎると、身内や会社から結婚・出産のプレッシャーをかけられる。

 

私も、私の友人も例にもれず、親からのプレッシャーは歳をとるごとにエスカレート、会社の上司にも必要以上に結婚や出産について質問をうける。

 

彼氏ができると結婚はまだか?と聞かれ、結婚しても子供はまだかと言われる。

 

このプレッシャーは、厄介なことに質問している人は気づいていない場合が多い。

 

そもそもなぜプレッシャーを感じるのかといえば、期待されていることがわかるからだと思う。

 

 

期待に応えられないかもしれない。その不安が蓄積されるのは、結構なストレスになる。

 

 

気持ちはわかるけど・・・

 

もちろん、質問する側の気持ちもわかる。

 

親は私のことを心配しているんだろう、生涯孤独だと何かと不安だし、そして欲を言えば孫の顔が見たいのだと思う。

 

特に子供については歳をとるにつれてできにくくなるのは周知の事実で、産みたいと思った時には、時すでに遅し。となる可能性も大いにある。

 

もし子供が欲しいなら、年齢を重ねることに焦る必要はあるのだろう。

 

会社は私が出産する時期の目途をたてて、今後の人事のことも考えないといけない。

 

もはや自分の問題だけでなくなっていることにも、責任とプレッシャーを感じる。

 

 

「悩んでいるなら産んでおいたほうがいい」男性上司がはなった言葉

 

少し前まで、子供はどうするの?と親や周りの人から聞かれたら「まだ欲しいと思えない」と言っていた。 

 

正直生きていて辛いと感じることが多い人生、子供が辛い思いをすると思うと怖い。

 そのほかにも慎重になる理由があった。 

 

相談したくないのに、根掘り葉掘りプライベートについて聞いてくる男性上司。

 

聞かないでくださいと言えない立場にあるがゆえに、答えてしまう私も私なのですが、将来子供を産むかどうかという話について、まだ欲しいと思えないという答えと理由を話した際に、アドバイスのつもりだろう、こんなことを言ってきた。

 

「悩んでいるなら産んだほうがいい」

「子供を産んで後悔している人を見たことがない」

 

私の気持ちはどこへ?

 なんて余計なお世話。と思ってしまったのは事実。

 

良かれと思ってしたアドバイス、相手が不快に思った時点でセクハラになることもあるので要注意。

 

 

質問をするときに注意してほしいこと

 

したくてもできない、したいと思っていない。その答えを受け入れる準備をしていますか?

 

金銭的な部分や、精神的な部分、いろんな問題をかかえている人は多くいて、すべての女性が結婚したい、子供が欲しいわけではない。

 

そして子供を産みたいけど産めない人がいること、辛い思いをしながら不妊治療をされている方もいて、安易な質問が深く傷つけてしまうことがあること。

 

唐突に聞くのは、これらの答えを受け入れる準備をしてからにしてほしい。

 

 

経験者のアドバイスは求められたときだけ

 

f:id:myfunifuni:20180919133300j:plain

  

 経験している人からのアドバイスはとてもありがたい。でも求められたときに限っての話。

 

先ほども男性上司から勝手に出産の時期まで決められそうになった話をしましたが、これは過剰な例だとしても、勝手にあれこれ、「したほうがいい」「しないほうがいい」の白黒つけるアドバイスをされても困ります。

 

ちゃんと寄り添って話を聞いたうえで、アドバイスしてほしい。

 

そもそもアドバイスをもらいたければ、こちらから質問します。

 

 

 最後に

 

30歳手前から数年かけてこの質問を受けることが本当に多くなるんですね。

 

身をもって体験しています。

 

安易に30歳前後になったから、「そろそろ結婚しないと」、「出産のこと考えないと」と、世話をやくことをやめませんか?

 

 つらつら書きましたが要は「ほっておいてほしい。」

 

そう思う今日この頃です。