Funiっとずぼラボ

ずぼらライフを謳歌するアラサーOLが気になったグルメ、美容情報をお届けします!

化粧水って意味あるの?毎朝晩コットンパックをやってもインナードライ肌から抜け出せないアラサーが行きついたスキンケア。

f:id:myfunifuni:20180929015618j:plain

 

こんにちは!ここ数年スキンケア迷子のふうちゃんです。

 

数年前になんか肌がしわっとするなーと思い、コスメカウンターで診断してもらったところ、水分量が少なく、油分が多いインナードライ肌と診断されました。

 

インナードライ肌とは、外は潤っている(脂っこい)けど、肌の内部は乾燥している(水分不足)状態のこと。内部で水分が保てなくなっているというのです。

 

わたし、スキンケアは割と頑張っていたほうだと思うのです。

 

高価なものは使っていなかったとしても、化粧水は質より量!!というのを昔テレビで美容家の人が言っていたので、コットンパックで朝晩せっせと保湿してクリームで蓋をしていたのに、この仕打ち・・・。

 

やや(いや、結構)落ち込んだことは言うまでもありません。

 

その時は勧められた美容液を買って、ここ数年冬には美容液でしのぐということをしていましたが、そもそも根本から治したい。

 

そこでいろいろ調べて実践したスキンケアが、数日肌断食をして、日々の化粧水をやめるというものでした。

 

今回はプチ肌断食と脱化粧水に至るまでの経緯を共有させていただきます。 

 

今これをご覧の方は、インナードライ肌で悩んでいる方、あるいはインナードライ肌かもと思っていらっしゃる方かもしれません。

 

その方のお役に立てれば光栄です。

 

 

インナードライ肌の原因は生活習慣?

 

f:id:myfunifuni:20180929015914j:plain

 

インナードライ肌はトラブル肌。悪しき生活習慣で発症するともいわれています。

 

がしかし、巷では、今8割の女性がインナードライ肌だとか・・・。

 

わたし、ここ数年かなりずぼらな生活をしているので、生活習慣が祟ったと言われたら、うん、納得!なのですが、8割の日本人女性がインナードライ肌を疑われているとなると、ちょっと疑問に感じます。

 

私みたいな人がいっぱいいるの?否、そんなはずない。

 

そこでもう一つ「ん??」と思うことがありました。

 

 

美容家が公言。普段は化粧水はつけず、美容液とクリームだけ

f:id:myfunifuni:20180929015937j:plain

 

憧れていた美容家の方が「普段は化粧水はつけず、美容液とクリームだけ」とSNSで公言されていたのを発見したのです。

 

あれ?化粧水っていらないの??いろんな化粧水も紹介していたはずなのに・・・

 

化粧水がいらないというのは、日本人にとって、スルーするにできないことだと思うのです。

 

だって、もうルーティンとして洗顔後、化粧水ってみんな暗黙の了解ですよね。というか、それを疑わないじゃないですか。

 

でも今まで化粧水は付けない理由どころか、化粧水をつけないことすら語られなかったことが、私の違和感を増殖させます。

 

「もしや化粧水って必要ないんじゃないの?」

「大人の事情で理由話せないんじゃないの?」

 

アラサーなので、こういった腹黒い考えも浮かぶわけです。

 

 

化粧水を使わないスキンケア、宇津木式と肌断食

 

f:id:myfunifuni:20180929020144j:plain

 

化粧水を使わないスキンケアは存在するのか調べてみたところ、宇津木式なるものと、肌断食という2種類がヒットしました。

 

水で洗って何もつけないことで、自己治癒力を高める宇津木式に対して、肌断食は肌の調子を整えるために、夜だけ何もつけないスキンケアをしたり、一日何もつけない、化粧をしない日を作ったりするなど、一時的なスキンケアです。

 

宇津木式を実践されて、詳しく説明されている方のブログがありましたので、貼っています。宇津木式とは何か気になる方は下記参考にしてください。

 

yurusimple.com

 

他にも10年宇津木式を実践されている方もいて、結果は皆さん良好のようです。

 

乾燥が治ったり、肌のトラブルが全く起こらなかったりと、なんて魅力的。

これはやるしかない!と意気込んでやりますが、失敗に終わります。

 

 

良くなるどころか肌荒れまった、何もしないスキンケア

f:id:myfunifuni:20180922225236j:plain

 

3日目でおでき&ガサガサ肌を手に入れる

 

何もしないなんて、なんてお手軽。そして経済的!ずぼらな私にぴったり!

 

と意気揚々と実践した私は、ものの見事に3日目にして、おでき&ガサガサ肌を手に入れたのでした。

 

でも、1日目は乾燥を感じたものの、数時間後に気にならないくらいになったんです。

 

ところが2日、3日と続くと乾燥でぱりっぱり。ちょっとかゆみすら覚える。

 

原因は何かと調べていたら、どうやら私、何もしないを勘違いしていた模様・・・。

 

化粧もしない、スキンケアもしない。それが宇津木式

 

そう、宇津木式は化粧もスキンケアも全くしない方法。それが可能な人向けだということ。

 

それに気づかせてくれたのが、こちらのブログです。

 

yurusimple.com

 

私、分け合って今自宅でこもっているのですが、化粧をすることは2日に1日あって、その時に洗顔をガンガンしていたんですよね。

 

原因は洗いすぎだった模様。安易に実行するのは危険です。

 

 

宇津木式より肌断食があっていると実感

 

そこから化粧水は抜いて、美容液とクリームを塗るスキンケアに変更。

 

過剰に脂っぽくなることもなく、かさつくこともなく良好な状態になっています!

 

スキンチェッカーで油分と水分のバランスをはかったところ、数日前までは水分が少なく油分過剰だった肌は、水分と油分のバランスが取れた状態に!

 


【送料無料】美ルル スキンチェッカー belulu skin checker 肌チェッカー 肌診断 肌質 3秒 水分量 油分量 ハリ 弾力 うるおい 測定 チェック スキンケア 美肌 素肌 美顔器 毛穴ケア【メール便不可】

 

何もしないスキンケアを実践した1日目は、それとなく効果を実感できたので、私には宇津木式より肌断食の方があっていると実感できました!

 

 

そもそも海外では化粧水を使わないが主流

 

f:id:myfunifuni:20180929020649j:plain

 

海外のスキンケア事情が気になったので、Youtubeでスキンケアの動画を見まくりましたが、結果、化粧水をつけているのは少数派で、重視されるのはセラム(美容液)やクリームという結果に至りました。

 

動画の中で化粧水を使っているのはアジア人が多く、欧米人はシューっとスプレータイプの化粧水をスキンケア最後に使って、「あー気持ちイー」ってリフレッシュの要素で使っていました。

 

 

また、海外サイトも確認しましたが、そもそも化粧水はどうしても必要という要素ではなく、その時の肌に合わせて必要に応じて使えばいいという説明がありました。

 

 

まとめ 

 

欧米の方に比べて、日本人は肌は薄いそうです。

 

なので水分をしっかりとらないとだめだとか、それ以外にも、日本の化粧水は優秀で使わないと損!というような記事も観ました。

 

ただ、そんな化粧水信者の日本人にインナードライ肌が多いということ、美容家は使っていないという事実、私自身が体験して実感したことから、化粧水を一所懸命叩き込む習慣は見直していいのではと思います。

 

この記事が、スキンケアに悩める皆さまに役立てれば幸いです。

 

にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ
にほんブログ村